2009年 02月 09日

料理と本についての日々

結局カレーは一週間かけて食べました。
おいしかったけど後半はさすがに飽き気味。今度からはもう少し少なめに作ろうかと思います。
同じような料理としてシチューも作りたいんだけど、いつ作るかタイミング図ってます。暖かくなるまえにつくろ。

話は変わりますが、去年の秋頃からちょっと読書にテーマをつけてみようとしてます。ビジネス書とか読むと「読書に目的を持て!」とか「同じ分野の本をまとめて読め!」とかいっぱい書いてあったのでつい影響されて。本当は嫌いなんですけどねそういう「いかにも~」なの。

現在のテーマは歴史。司馬遼太郎の坂の上の雲は去年読みました。
今年は塩野七生のローマ人の物語を読書中。

今はまだ序盤で、ローマ帝国が出来る前、いよいよカエサル登場!というところです。
ところでこのカエサル、この本の中で「ローマが生んだ唯一の天才」とかべた褒めされてるんですけどこれはどういうことでしょう。自分の中でカエサルは

・クレオパトラに誘惑されて陥落した人
・皇帝になる前に暗殺された人

くらいのイメージだったんですけど。
実際のところどうなのかはこれから読めばわかるんですが、自分の中でかなり意外でした。
だってこの人一人で文庫本6冊使ってるんだぜ~。
[PR]

by yusatoku | 2009-02-09 22:45 | 日記


<< 完全なるひとりごと      料理たのしー >>