2009年 05月 17日

ガスコンロ壊れてなかった

ただの電池切れでした。

おかげで今日は無事料理出来ました。

ほうれん草のソテーと焼き魚と新たまねぎ御飯。中々豪華です。

今週末は他にも、ひとつ講演会に行ってきて、非常に有意義な感じ。
投資のセミナーと思っていったのに、なぜか竹中平蔵の語る世界経済談義とか聞いてました。

で、この竹中平蔵の面白いのなんの。目からうろこがこぼれ落ちまくりでした。
いや、人の講演聞きながら心の中で「おもしれー」ってなんども叫んでましたよ。こんなの相当久しぶりですよ。
話の内容としては、さっきも言ったように世界経済についてのお話。

まず、現在の世界的な経済不況、実態はどんなものか?という話。
100年に1度って言われてるけど本当?とかアメリカが全部悪いみたいに言われてるけど本当?みたいな簡単な誤解を解く形。
「100年に一度」とかいう言葉は僕嫌いなんでまったく信じてませんでしたが、「アメリカだけでなく日本にもバブルはあった。それは円安バブル」というのは言われて初めて気付いて、ものすごく納得しました。確かにあのときは円安すぎました。

で、それぞれの国の状況、中国やヨーロッパが今どんな状況で、何をすべきで、これからどうなっていくかの実態と予想など。
アメリカについては
「オバマ政権は(経済対策に)考えられるベストの布陣を引いた」
中国については
「中国は政治的事情で経済成長をしなければならないし、それをする体力もある」
というのが印象に残った言葉。

最後に日本についても話していましたが、政治的に打つべき手を打てば十分に復活可能と言っていました。しかもその「打つべき手」はすでに外国がやっているのをそのままもってくればいいんだ、とも。


このあたりの分析や提言がどこまで正しいかはわからないですけど、とにかくものすごい説得力を感じました。
なんだろう、話し方が論理だっているからなのか、単なる話し方のおかげなのか、経験と自信が見えるからなのか、あるいはそのすべてか。
日本のトップクラスはこんな人間なのか、とかそんなことを思いました。


あと、この人の講義が受けられるなんて慶応大学生はずるい。
[PR]

by yusatoku | 2009-05-17 22:33 | 日記


<< でもウコンって万能ですよね      火がなければ生で食べればいいじ... >>