VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 29日

読書途中の本について。

今、『ハーバードビジネススクール 不幸な人間の製造工場』という本を読んでます。
大体半分くらいまで読み終わったところ。

ハーバードビジネススクール(HBS)という超一流の教育機関での生活を、シニカルな視点で綴った体験記です。

このシニカル、というのがポイントで、著者はHBSで大切なことを多く学んだとしながらも、HBSのありかた、というか姿勢について批判的に見ているみたいです。

たとえば、HBSに入学するような学生は、元経営コンサルタントだの、投資銀行で働いてただの、社長やってただの、そんなのばっかり。
当然卒業後の進路だってすごいのばっかりで、OBには有名人がゴロゴロ。あのジョージ・ブッシュ元大統領もHBS卒業生だとか。
そんな環境にいると当たり前のように「俺たちはエリートだ」という自覚、というか誇り、というか、そういうものが芽生えてくるんですが(そしてそれ自体はいいことだと自分は思うんですが)、そうした傲慢ゆえの滑稽さに著者は違和感を感じている模様。

以前別の日本人学生のHBS留学日記を読んだんだけど、そっちは基本的にHBSを絶賛してたので、併せて読むとよりHBSの特徴が際立ちます。

死に物狂いで勉強して、講義中は激論を交わして、夜はバーで学生らしいバカ騒ぎ。
そんなHBSでの暮らしによって、それぞれの学生たちが何を得るのか、残り半分、じっくり読んでいきます。
[PR]

by yusatoku | 2009-09-29 23:05 | 読書


<< 今日のBGM      連休終わったけど明日頑張ればまた休み >>