2009年 11月 11日

本屋さんカスタマイズ

本屋さんについての妄想。

アマゾンを利用したことある人はわかると思いますが、あそこって本を購入したらポイントがついて次に買うのが安くなったり、購入履歴を記録してオススメ商品を薦めてきたりするじゃないですか。
あれをリアル書店でもできないかな?と考えたりしました。

会員カードを書店で作って、購入履歴とか嗜好とかを記録できるようにするんです。
嫌がる人もいそうですがとりあえずそれはおいときます。
サービスとして考えられるのは

1.本を買うとポイントがたまる
ポイントがたまるとプレゼント、とかキャッシュバック、とか。これだけならTSUTAYAがやってます。

2.オススメ商品を挙げてくれる
好きな作家の新刊とか、その人が好きそうな作品を進めてくれる。
店舗にカードリーダとかおいといて、会員カードをかざすと列挙してくれる、とか。
あとはメールでお知らせも。
アマゾンもやってるけどあれは結構頻度高くて邪魔なところあるんですよね。
リアル店舗に足を運んで、歩き回って新刊とか探すのは、楽しいんですけど若干大変なところもあったりします。その手間を省いてくれる、くらい感じで。

3.会員交流
似たような嗜好の会員同士が本について語り合ったりお互いのオススメを紹介したりという交流会ができるかも。「同じ本を読んでる人」って、リアルだと見つけにくいんですよね。ウェブ上だとなんか怖いし。その辺の隙間をつけばあるいは・・・・。

うーん、アマゾンの提供してるサービスとあんまし変わんないかなー。
「本ソムリエ」みたいな人がよさげな本を薦めてくれると面白いな、というのが発想の元で、うまくすれば客を囲い込めると思うんですけど。
新アイデアを練るのって難しいですね。
[PR]

by yusatoku | 2009-11-11 22:22 | 日記


<< 高等教育への投資は確保しといてほしい      お出かけしてきました >>