2004年 12月 24日

さあ元気をだして

いってみよー!
三回目!!

そろそろ本題に入ります。
今回、連続更新をしてやりたかったこと。
それはこれなんです。


カプール板のレスをコピペして鬱になるスレ傑作選!!!


お願いします。
引かないでください。
最初に言ったように、別にそんなに鬱じゃないですから。
むしろのろけ話好きだし。
そんなに深い意図はないので、普通に読んでください。
では参ります。




今の彼女への告白レビュー
「俺のこと、好きになってもらえんかね?」
―――五秒ほどの間の後―――
「どうしましょう…既に好きなんですけど」


俺が告った時、「じっくり考えて返事をして、いつでもいいよ」
って言ったら、しばらく無言で考えて
「うん、考えても仕方ないや。だって好きだもん」
死にかけました。


 彼女が久しぶりに泊まっていった朝、
 布団の中で半分寝ぼけながら
 「あー○○のにおいがする…幸せ…」
 といいながらもそもそ抱きついてきた。
 一瞬で目が覚めるほどくらっときた。


抱きしめたりすると『恥ずかしいですよー!』ってタオルで顔を隠すのがカワイイ。
たまに、自分の顔を隠す代わりに俺の顔を両手で隠してくるのもいいなー。
あと、キスしようとして顔近づけるとはずかしがってうつむく…んだけど、
何気に上目遣いで俺を見てるのもすげぇかわいい。


付き合い始めた頃、お互い、まだ恥ずかしがっていた感じの時。
無性に手が繋ぎたくなったので、
「手とか…つないじゃいますか?」
って聞いたら、顔を赤くして、
「つないじゃいますか///」
って引っ張ってくれたとき。
そんなに顔赤くされると余計に照れる(笑)
可愛いなぁ…。


彼女美容師で俺はそこの客だったんだけど
去年の丁度今頃、カット中に小声で
「2月14日は予定あるんですか?」って聞かれて
心の中で、うーっ余計なお世話だ・・・と思いつつも
「それが無いんですよ」と明るく答えたら
「よっかった。それじゃそのまま空けておいて下さい」と。
帰り際に彼女のメルアドが書いてある紙を貰って
夜になってメールを入れてみたら、即効に返事が返ってきて
「さっきは店だったからちゃんと言えなかったけど、本当に
 お暇なら私のために時間を作って下さい。もう、何が言いたいのか
 わかってしまったとは思いますが」
[PR]

by yusatoku | 2004-12-24 20:30


<< あわわわ      人が来ない中 >>