VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 17日

毎日毎日

卒論が進まないとか、やってないとか、そんな文句ばっかり言っていてもしかたないので今日はちょっとしたクイズを出したいと思います。
このクイズはFM福岡モーニングジャムというラジオ番組で出されていたものですが、気に入ったので。
この番組、時間があるときは聞いているのですが、メインのパーソナリティの中島浩二さんが中々かっこいいと思います。思慮のある大人の男、って感じで。
それはさておき。その番組でだされた問題というのはこういったもの。

高校で体育の教師をしている中島先生は生徒に厳しいことで有名です。
ある日、中島先生が子供と天神を歩いていると、
大学時代の友人、今村さんにばったり会いました。
今村さんは、中島先生の子供を見るなり
「お母さんにそっくりだね!」といいました。
ところが、今村さんは中島先生の結婚相手に
一度もあったことはないし、写真を見たこともありません。
今村さんはなぜ、中島先生の子供を見て
「お母さんにそっくりだね」といったのでしょうか?

さて、なぜなんでしょう?
考えてみてください



まずは答えから。
中島先生が女性であったため。

です。
・・・、どうでしょう。
「卑怯だ!!」と思ってくれてたら思惑通り。満足至極なんですが。
僕はこれを聞いたとき「アーッ」と叫んじゃいました。
気づけなかったのが悔しくて。
だってこれ、いわゆる「叙述トリック」ってやつなんですよ。
叙述トリックって何?というかたはフタゴ・フラクタさんのミステリな日々。或いは叙述トリック講座でも読んでみて下さい。すごくわかりやすく叙述トリックの説明をされてるので。
って、それだけでも手抜きなので僕なりに説明を。

今回の問題の場合、普通に書いただけだと「中島先生性別書いてないじゃん」とかばれそうです。
そこで、まずラジオの話題を振って「中島=男」という図式を頭に入れてもらいます。
ラジオを普段聴いている人ならなおさら。だって中島浩二さんの番組で「中島」って出たんだから、普通男だと思います。
次に、問題文。
これは気づいた人も多いと思いますが最初の文で
中島先生は高校の体育の教師。しかも厳しい
という情報を与えてます。
ますます中島=男って考えちゃいますね。
でもどこにも男だなんて書いてない、と。
このようにわざとある情報を伏せ、読み手にそこを補完させて誤解させるトリックを叙述トリック、というわけですはい。

こういう叙述トリックでだまされた場合、すごく悔しい気になります。
だってミステリで用いられた場合大抵伏線とかをちゃんと読めばわかるようになってるのに。
でもこの「気づけそうで気づけなかった、悔しい感じ」がすごく好きなので、叙述トリックをつかったミステリも大体好きだったりするのです。
とはいえ、最初っから叙述トリックがあるってわかってる話を読んでも仕方ないので(騙された!!って感じがなくなるので)探すのも難しいし。
そんな中で見事な問題を出してくれたモーニングジャムのスタッフには感謝、ということで。
あ、ちなみに。
モーニングジャムでは毎日一問ずつこういった問題を出しているのですが、このページからみることができます。
興味のある方はごらんになっては。
ラジオに答えを出せば商品がもらえるかもしれませんし。
[PR]

by yusatoku | 2005-01-17 13:23 | ネタ


<< ようやく判明      なにかとサボりがち >>