2012年 04月 23日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第1話感想

ちょっと前から気になってたアニメ、戦姫絶唱シンフォギアを見ているのでその感想をまとめておきます。
このアニメ、放送自体はちょっと前に終了しているのだけど、お金を払えばニコニコ動画で見ることができるのですよ。
なんでお金払ったのか、というかこの作品が気になったのか、というと、原作者の金子彰史氏の名前に惹かれたから。この人の作ったゲーム「ワイルドアームズ」が大好きなのですよ自分は。

とまあ、前置きはこのくらいにして以下感想。見ながら思いついたこととか、感想とかをまとめてメモっておきます。
当然のようにネタバレなのでそういうの気になる人は避けてくださいね。
まあ、今回は1話だけの感想なので、作品の雰囲気を知りたい人は見てみるのもありかもだけど。





・墓参りシーン
どうも伏線満載らしいけどこの時点ではなんともわかんないですね。
ぱっと見て取れるのは、荒廃した街(大規模な戦闘後)くらいかな?
・2年前
未来の父親の読んでる新聞がちょっと気になってけどこれは伏線なのでしょうか。
「邦人少女失踪」と書かれているけど。
で、それはさておきライブシーン凄いな!ヌルヌル動くし歌も良い。
そもそも高山みなみと水樹奈々の2人で歌うとか豪華メンバーすぎるんだよ!
で、その後戦闘シーンんなんだけど、敵?の生命体、ノイズの外見が非常に怪獣チックでよろしい。

・現代
リディアン音楽院て、元ネタはリリアン女学院?なんか無意味に反応してしまったよ。
後半のノイズに追っかけられるシーン、響を狙っているように見えるのですがいかがか。
ラストの返信については、まだ現時点ではわからない情報だらけなので放置。
アウフバッヘン? ガングニールは武器の名前よね。その辺は奏から継いだ何か、なんだろうけど。
というか、どういう理屈で乗り移ってんでしょあの武器。
手術でなにか移植したのかと思ってたんですけど、そのわりにスタッフは響をノーマークだったし、最後驚いてたし。
じゃあ歌ってるあたりで何かあったのかな?

・まとめ
1話の時点では、多少やりすぎな演出はちょっと…だけど、総じて面白かった、ってとこ。
特に翼が出す技は見るとなんか吹いちゃいますね。奏のときはあんまし気にならなかったんですけど、あっちはアメコミ風、って納得できてたんでしょうね自分的に。
ここから墓参りシーンは全体のエンディングなのか、それともそこからもう1エピソードあるのかわかんないですけど、そこまで含めて楽しみです。
墓参り後、実は響は生きていた!な展開もアリとは思うし、個人的に響には生きてて欲しいんですが、それは大分希望的な予測だと思うのです。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-23 01:29 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      ニュース番組はもっと大局的な話... >>