2012年 04月 23日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第2話感想

で、続けて2話です。
お話としてはまだまだ始まったばかりなんですけど、思ったより考察しがいがある気がします、この作品。


以下ネタバレ感想。







まず、響の変身シーンからですけど、政府のみなさんは響のことが敵か味方かわかっていないみたいですね。
っていうことは、味方の使う力とノイズの力の源は同一?
もしくは単にエネルギーの大小でしか測れていないということか。その「エネルギー」ってなんだよっちゅー話ではありますが。

・OP
第2話からOPに画がついたのですが、なんか意味深な画が多い。
気になったのは
未来(幼馴染の娘)からなんか変なノイズ出てる!?って点。
一番単純に解釈すると彼女の身に危険が迫る、ってとこなんでしょうけど、なんか気になります。彼女が原因で何か揉めるとか、そんな伏線だったら嫌だなー。もしくは響を日常に戻したいと思っている、そっち側への引力としての表現とか。WA2のマリナ(※1)みたいな。
OPの最後が未来と響とおもわれる二人が手をつないでいる姿、だったりするので、この二人の友情は割とメインに据えられている模様ですね。自分としては丁寧に描いて欲しいので、だとすると有難いです。

・響ちゃんはつせんとう
歌がすげーアニメ声w
ちゃんと歌いながら戦ってますねー。設定なんだろうとしつこさすら感じるw
戦い方、というか力の使い方全然わかってないのに歌い続けてる(力が発生してる)のにやや違和感。
本能的なもの、ということになるんでしょうか。
で戦闘自体はサクっと片付いちゃうわけですが
そのあとの
「あったかいもの、どうぞ」

「あったかいもの、どうも」
ってやり取りになんか和んだw
響役の声優さんの演技が良いせいか、こういう細かいところで笑えますね。
シリアスから一転しての歓迎会とかも、ちゃんと面白かったです。
で、部屋に帰って未来とお話。
正直、こういう性格の娘がルームメイトに秘密を隠し続けるのってすごく難しい、というか不可能に近いと思うんですけどどうでしょうか。遠からずバレるぞこれ。
あと、1話でもそうだったんですけどこの二人距離が近すぎますよね。一緒の布団に寝てるのもどうも単なる萌え描写じゃないような感じです。
というか未来さんはガチ?みたいな雰囲気も感じられます。

・設定説明あれこれ
主人公側の武装、何かと思ったらロストテクノロジーっすか。
思ったよりストレート。
で、聖遺物というアイテムが必要なのですね。
ってことは、ガングニールっていう超重要アイテムを響が持ってる、と。
なんだろーなー、って思ってたら欠片!
これは予想外。そして翼さん動揺しすぎ。
欠片だとすると、力の出力が小さいのでは?とか思うんだけどまあ、そこはそんなことはないんでしょうね。

・エミヤ系女子
ニコニコ動画のタグにこんなのがあって、この「エミヤ」ってのはFate/Stay nightの主人公衛宮士郎君を指すのだとしたらすごく納得です(※2)
誰かの力になれる、というだけで命をかけれる、というのはふつうのコトじゃないんだよ、というのが強調されているのは個人的には好感触。
ただ、そのシーンのバックに未来との写真があるのが意外。
彼女が「その気」があることは1話から示されてたけど、てっきり2年前の事件がきっかけと思ってたんですよ。でもこの描写から考えるともっと前からそうだったのかな?そうとれますよね。
自分の命も顧みず、誰かを守って戦って、で力つきる…となれば1話冒頭にも繋がるんでしょうけど。
ちなみに響の中の人は「まどか☆マギカ」のまどか役だったらしいですけど、まどか☆マギカで主人公のまどかは「命をかける」ことに対してビビって魔法少女になれなかったことと好対照ですね。
他にもこの作品、ところどころまどか☆マギカを彷彿とさせるシーンがあるんですけど(近未来的な学校とか)気のせいでしょうか。

・小ネタ
お好み焼き屋さんの名前がフラワーって、すごいセンスだと思います。
そんな名前なら女子高生も放課後寄りたくなる!のでしょうか。
あとEDの画が怖いです。



(※1)WA2のマリナ
各地を転々としてテロリストと戦う主人公に対して、心配して「なぜあなたがそんなことしなきゃいけないの」と何度も主人公を止めようとするヒロイン。すんごい人気無い。個人的には嫌いじゃないんですけどね。

(※2)
英雄願望を持ち、女の子を守るためなら自分の命を削る行動もためらわずにやってのける、相当にイカれた青年。彼は自分的には受け付けなかった。自己犠牲の度合いが許容範囲を超えていたのです。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-23 02:01 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」... >>