2012年 04月 23日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第3話感想

で、3話です。
ここまでを一気に見たのでまずはここまで。

まだまだ序盤戦なんでしょうけど、不吉な伏線がやたら目につくので気が抜けません。
とはいえ、2話に比べると感想少なめなのですが。


以下ネタバレなのでご注意。








・戦う翼、コケる響。
なわけですが、涙目なビジュアルも相まって響がかわいそう、としか思えません。
そもそも彼女自身には大した非もないですし。
翼の葛藤はわからなくはないけど、基本的には「こだわりすぎだよなー」としか感じないんですよね。

・へいき、へっちゃら
リ、リルカーーーーー!!!!!!
思わずニコニコ動画のコメントをONにしてしまったのですが、反応してるコメントが一つしかない・・・。

・おっさんの拳
おっさん強すぎるw
この人、戦闘力持ってのかwwww本気で吹いたw
いやまあ、冷静に考えて対人戦専用んでしょうけど、それでもこれはひどいなーw いい意味で。

・仲良しミーティング
色々重要事項が出てるんでしょうけど、ここは特に思うところなしかな。
強いて言えば、エヴァっぽい?
自分たちの拠点に敵の狙いとなるものがあったり、本部の構造とか似てる気がしますし。

・自己犠牲系ヒーロー
電話での「流れ星、一緒に見られないかも」→「仕方ないよ」
あたりの演出が細かくて好きです。ますます未来→響のベクトルの強さを感じます。
そして、暴走への伏線?みたいなのも見えました。
黒い顔に光る目、という演出は素直に怖いです。

・その他
字が汚いヒロイン。いやマジでヘタw
[PR]

by yusatoku | 2012-04-23 02:25 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」... >>