VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 25日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第7話感想

ふと思ったんですけど、ノイズさん弱すぎません?
ライダーとかの戦闘員級な扱いです。
いや、それ自体は別にそれでいいんです。別にノイズに戦闘力はなくっても。
一般人はノイズに触れないって設定がある以上、一定速度以上で動けるってだけで十分に脅威です。
なんですけど、でも、だとすると、弱いノイズを見る度に思わずにはいられません。
1話の、アレは、あの絶唱は、なんだったのかと・・・。



以下7話感想。











いやー。今回は正直わけがわかんないっす。
なんなの?どういうことなの?
クエスチョンマークが出まくってました。

まず設定とかについて、何か黒幕っぽいことを櫻井女史が独白してたのがまず第1の「わからない」ですが。
こっちは、まあ、放置しといてもいいんじゃないかなーとか思っちゃいました。謎の新単語が出まくりですし。
なんかよくわからんが凄いことを企んでいる!とだけわかればいい、と判断してます。
一応、響が聖遺物と融合しており、それが特殊な効果を生んでいるらしい、という説明はありますし、なんかレントゲン写真がすごいことになってますし、最低限の理解はそんなもんでいいでしょう。
あ、とマグカップの蝶々がフィーネと同じね、とか?いやもうそこはもう今更っぽい。僕はこのタイミングで気づきましたが、どうせもっと以前から出てるんでしょうこれ。

そんなことより、本気でわけがわかんないのが色々知らされた未来さんの反応。
何なのこの子?なについて怒っているのかさっぱり理解できないです。
響が言ったように秘密にしてたことでしょうか?それとも別に何かある?

とりあえず手持ちの材料から考えると、響が勝手に危険なことに首を突っ込んでいた、とかがありそうですけど、だとしても友達やめるとかいう結論には至らないでしょうし。
あとは、いっそのこと黒幕側の人間だった、とかでしょうか。それなら…、と思ったけどそうすると今度は未来が響に対して秘密を持っていた、ってことになりますね。それはないような気がします。

うーん。
やっぱり全然わかりません。

一応本編的にはこのあと、戦う理由をなくした響ちゃんピンチ!みたいな話になるんでしょうけど、まあ、それは、いいや。

あと、細かいところだとクリスの正体が2年前の行方不明者だった、という件で、1話に出てきた新聞の見出し記事を伏線として回収してくれたのがなにげに嬉しいです。ちゃんと読んでてよかったぜー。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-25 21:09 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」... >>