VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 25日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第8話感想

あー。

・・・。
あの、あれね、あれ。
難しく考えすぎてたみたいね、色々と。




以下感想。












と、いうわけで単なる喧嘩でした!
あーもう。なんだよ!!考えて損した!!

とまあ、極めて個人的な文句は置いといて。
いや、確かに。考えてみれば、ひどく妥当な感じですね。理屈はわかってるけど感情が追いついてない。
一人になって考えてみればちゃんと反省できる感じ。
うん。わかります。わかる。わかる。

・・・・・・・・落ち着き中・・・・・・・・・

うん。落ち着きました。

まあ、そこに納得できれば、あとは割と予定調和な回でした。
クリスちゃん逃亡中なのになんかすげー呑気っぽい、とかおっさんマジ強すぎなんでノイズと渡り合えてるんだよこの野郎、とか、細かいツッコミができちゃうくらい。
あー。あと、逃亡中のクリスと未来が接触するのは考えてませんでした。
一人ぼっちもかわいそうなんで、こういうのがあるのはいいんじゃないかなー、とか思います。
真面目な話、クリスには主人公側に味方してもらう理由が必要でしょうし。今後の展開的に。

今回の最後でまた逃亡生活に戻ってますけど、そう酷いことにはならない、ですよねきっと。

あと、2人でとった写真ですけど、1話冒頭に出てた響の遺影みたいですね。
段々と色々つながってきてます。
あのお墓参りは、どの時点のものなんでしょうね。
というか、あれって響が絶唱を歌った結果のものと思ってたんだけど、どうもひびきは 絶唱の反動はない、もしくは少ないみたいですし、別の原因でああなるっぽいですね。

と、終盤へのフラグも立てつつ以下次回。
次回か、その次くらいから急展開しそう、と予想してます。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-25 22:01 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」... >>