2012年 04月 27日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第9話感想

この世界ではTSUTAYAのことをTATSUYAと言っているのでしたね、そういえば。
そのことがわからず「TATSUYAって誰!?」と深読みを始めちゃいました。



以下ネタバレ。
今回は軽度です。














全開でお話的には一段落したので、今回は息抜き話。こういう話も必要ですよね。
逆に言うと、全13話中の9話にして初めてこういう話が入る余地ができたわけで、この話の密度の高さが伺えるわけで。
今回にしたって、いくつか伏線をはさんでますよね。櫻井女史の昔の男とかは、今後も出てくるんでしょう。

あとは…、デート後に丘から見上げてた街の景色、これ一話冒頭で荒廃してた街の風景と同じですよね。
あれは今後の戦いでなるんでしょうけど、街を守ったことに意義を感じるシーンなのに「この景色も後々守れずに壊れるんだ・・・」と妙な気持ちになってしまいました。

デートについては、恋の桶狭間が上手すぎてもう他の全部がどうでもよくなるくらい。
なんだあのコブシ。アイドルの出す歌声ではない。いいぞもっとやれ。

で、翼さんが移籍を発表して今回は終了。
クリス?はまあ置いときます。
次回で大きな動きがあるのかな、と思ったのですがもう少し先かもしれませんね。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-27 11:29 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」... >>