VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 28日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第12話感想

途中のシーンで、何このブレーメンの音楽隊w
って思ってたら本当に音楽隊だったの巻。
いや、テーマ的にひどく正しいんですけどね。




以下ちゃんとネタバレ











ラスト付近なのに相変わらず密度高めです。
冒頭の、翼さんの動機づけに「命を燃やして大切な物を守りぬくことを・・・」と、奏を持ってきたのがナイス。
奏はもう死んじゃって亡霊状態でしか出番がないくせに相変わらずの存在感ですが、
翼にとっての奏での大切さが繰り返し示されて、個人的には割と好きです。

というか、ラスボスのフィーネさんが挑発と説明しかしてない・・・。
なんというか、もう少し威厳というか、脅威というか、そういうのを感じさせてくれてもいいんじゃないかな。
ただでさえ戦闘能力的に強く見えないのに・・・。

後半、塔が壊されたあとも、目的が果たせなくなって呆然とするのはいいんですけど、それならおとなしく退却しておきましょうよ。なんで響にわざわざ説明してるんですか。…と、今更ながらあんまりなツッコミをしたくなります。
いや、雑魚のノイズが空気読むのはわかるんですけど、せめてラスボスにはもっと、ラスボスらしくして欲しいかなー、とそんなことを思うのです。

響については暴走 → 脱力 → 復活の流れ。

復活のきっかけが、友達の歌う学校の校歌だった、というのは綺麗ですね。そういえばそんな伏線あった!ですし。元々誰かを守りたい、という動機で戦い始めているわけで、ここでそこに帰ってくるのは正しいですよねすごく。

暴走の原因がガングニールとの融合によるものだった、というのは説明的には綺麗ですけどこれって結構絶望的じゃないんでしょうかね。ガングニールを取り除くことはできない、って前に言ってたし、融合が進行することはあっても逆はないような気がしますし。ま、1話冒頭につながるんならいらん心配ではあるのですが。

その1話冒頭についてですが。
なんかこういう引きでラスト前1話が終わってしまうと、響が死んでしまう気があんまりせんのですけどどうですかね。実は死んだことになっているけどどこかで治療中、とか、ラストバトルで行方不明になって生死わからず、とか、そんなんじゃないのかって気がしてきました。

そんなこんなで残すところあと1話。楽しみに見させてもらいたいと思います。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-28 11:47 | レビュー


<< アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」...      アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」... >>