VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 01日

1月分読書記録

1月に読んだ本をざっと並べてみます。
んで、簡単な感想もつけてみます。
今月は合計13冊読了。
うん。がんばった。

最初は今月は一版書籍を中心に読むつもりだったんだけど、流血女神伝にひきこまれた結果そうともいえない結果に。
2月はどうするかなー。
卒論終わったら色々読みたいしなー。



All you need is kill
桜坂 洋 / 集英社
ISBN : 4086302195
スコア選択:

ループもの。
なかなかに評価は高いけど自分的には平均よりやや上くらい。
でも雰囲気は結構良かった。
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
サイモン シン Simon Singh 青木 薫 / 新潮社
ISBN : 4105393014
スコア選択:


フェルマーの最終定理ものを読むのは2冊目だけど、これは相当わかりやすい。
数学のこれまでの流れや未解決問題についても書かれているし、しかも書き方が上手なので興味をそそられる。
数論に興味のある方には物凄くおすすめ。
BLACK BLOOD BROTHERS(1)―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―
あざの 耕平 / 富士見書
ISBN : 4829116293
スコア選択:

ライトノベル関係の書評を見てみると「それなり」という評価が多かった気がするけど十分面白いと思う。
少なくともDクラッカーズの1巻よりはずっといいかと。
時間ができたら2巻も読みたい。
大誘拐―天藤真推理小説全集〈9〉
天藤 真 / 東京創元社
ISBN : 4488408095
スコア選択:

さすが超有名作。問答無用に面白い。
おばあちゃんの人柄がすごすぎ。
ネタバレ回避しようと思ったら何もいえなくなるけど、読んで損はない作品。


女子刑務所―女性看守が見た「泣き笑い」全生活
藤木 美奈子 / 講談社
ISBN : 4062731533
スコア選択:

最初は刑務所に入る人たちのいろんな人生模様を書いた本かなーとか思ってたけど、よっぽど著者の人生がすごい。激しすぎ。でもこういうのは好き。
スキップ
北村 薫 / 新潮社
ISBN : 4101373213
スコア選択:

前々から気になってた作品。
期待通り、読みやすい文で楽しめた。
っていうか本筋ほうっておいて、
桜木先生の授業がうけたい。
そんな感想ばっかうかんでたり。
天国までの百マイル
浅田 次郎 / 朝日新聞社
ISBN : 4022572957
スコア選択:

ストレートないい話。
マリがいい女すぎ。
医者の先生たちもいい人で、なんか気持ちよかった。
卒業
秋山 幸二 / 西日本新聞社
ISBN : 4816705767
スコア選択:

秋山選手はよく知らんかったけど、彼のホームランへのこだわりをしってちょっとびっくり。
なんでもできる選手って感じだったのでホームランを狙って打ってるとは知らなかったよ。
砂の覇王〈3〉―流血女神伝
須賀 しのぶ / 集英社
ISBN : 4086147815
スコア選択:

ずっとほったらかしてたシリーズだけど、なんでほっといたのかわからんくらい面白い。ってかバルアンが個人的に好きなキャラ。
砂の覇王〈4〉―流血女神伝
須賀 しのぶ / 集英社
ISBN : 4086148153
スコア選択:

そしてバルアン爆発。
最高。
ってか何も知らないカリエがすこし可哀想でもあったり。
砂の覇王〈5〉―流血女神伝
須賀 しのぶ / 集英社
ISBN : 4086000385
スコア選択:

この辺は勢いで読んでしまった。
キャラがどんどん増えてるのに増えすぎな気がしないのがすごい。でも見事に敵味方に魅力的なキャラが分かれてるから、誰か不幸な目にあうのか…とか考えると悲しくなったり。
砂の覇王〈6〉―流血女神伝
須賀 しのぶ / 集英社
ISBN : 4086000652
スコア選択:

この巻はカリエのこの独白がツボ。

人生ほんとうに何があるかわからない。いいかげん、この感想にも飽きた。

こんな台詞、カリエじゃなきゃいえないって。
きらきらひかる
江國 香織 / 新潮社
ISBN : 4101339112
スコア選択:

夜寝る前に読んでた本。
静かな雰囲気がなかなかよかった。
[PR]

by yusatoku | 2005-02-01 22:07 | 読書


<< ヤフーのニュースから      いらんことを考えてみる >>