VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 28日

自炊しようぜ!

「ネットする前に文章を書く」ルール、基本的には守れてるんですけど週末についてはなぁなぁになってます。
だって週末はPCの電源OFFにしないでスタンバイでつないでるし、起きてすぐPCに向かう場合とか頭働かないし、みたいなノリです。
あくまで自分ルールで破っても誰も文句は言わないんですけどなんか言い訳がましいですね。
平日のうちから書くことのネタでもストックしておけばいいんでしょうけど。

約1年半ほど前に購入したScansnapを、途中だいぶほったらかしにしてたんですけど最近再燃して、ちまちま裁断、スキャンを進めています。
今は某少年漫画をスキャン中なんですけど、40巻ちかくあるので手間がかかります。
本の切断とスキャン自体は比較的簡単なんですけど、その前後が大変。というか上手にスキャンする方法を探してあれやこれややってるせいか、中々手順が安定しないんですよね。
自分が今やってる手順をさらしてみると次のようになります。

1. 本の表紙をめくって、中表紙をはがす
背表紙も残しておきたいので、中表紙は裁断せずに手ではがしてます。意外と簡単に剥けるんですね。

2. 裁断
これは適切な裁断機を使えば簡単だと思います。ただ、できるだけ多くの部分を残して切ろうとすると完全に切れてなくてスキャンの時に紙詰まりを起こす危険があるので、祭壇のあとは簡単にめくってみて各ページがバラバラになっているのか確認すべきだと思います。

3.表紙をスキャン。
ここで注意なのが折り返し部分の扱いです。全部めくって一枚の紙扱いにしてもいいんでしょうけど、自分の場合は折り返し部分は折ったままスキャンしてます。そうするとサイズ的なバランスがよくなるんですよね。
ただこの方法だと折込部分がうまくスキャナに入っていかない場合があるんですよね。そうすると紙が変な方向に折れてしまってますます取り込みづらくなってしまいます。
これを防ぐために自分は表紙を糊付けしてます。スティックのり。本を糊付けするのって若干抵抗あるんですけどそもそもその本裁断しちゃってますからね。ためらわず行きましょう。
ちなみに本に帯がついていた場合、いったん帯を外してスキャンした後に帯も表紙に糊付けして再スキャンすることもあります。これはめんどくさいので帯と表紙の親和性が高い場合だけです。

4.本文をスキャン
自分の持ってる型だと単行本一冊はスキャンしきれないので、大体3回に分けてスキャンします。

5.時折スキャナ内部を整理
ここが問題。表紙のスキャンでのりをつかったせいか中表紙にノリが残っているせいか、スキャナに汚れがこびりついちゃうんですよ。するとせっかく取り込んだ絵に妙な線が映りこむことになってしまいます。
そうならないように定期的にスキャナのカバーを開けて内部をチェックし、汚れがあればふき取ります。ふき取りには眼鏡ふきを使ってますが、どうにも頑固な汚れでかなり力をいれないととれません。
この手順は本来明らかに不要で、上記1~4のどれかを改善すればしなくてすむはずなんですけどいい手が見つからず、仕方ないのでこまめにスキャナ内をチェックしてます。

6.取り込んだデータを整理
スキャナで取り込んだ画像をチェックし、1つのファイルにまとめていきます。スキャンの時に上下左右を間違えたページを修正するのが主な仕事です。あとは絵をチェックして問題ないか見てみたり。
なんとなくであっても、全部のページを確認するのは意外と時間がかかります。


と、いう感じなんですけどこれってどうなんでしょう。もう少しうまくやる手はあると思うんですけど、以前探してみても意外とノウハウが見つからなかったんですよね。
誰かうまい手を知ってたら教えていただけないでしょうか。イヤホント。
[PR]

by yusatoku | 2014-07-28 21:24 | 日記


<< 3分でわかるウクライナの歴史(...      あつくてねむい >>