2006年 09月 15日

夜中に頭を使って話をしてみる

植草教授が田代まさし並みになりつつある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
ってかこの人まだ教授だったんですね。
「経済を見通すだけでなく、女子高生のスカートの中まで見通していた」
ということで有名な方ですが、今回は目だけでなく手も出てしまった模様。

今日の昼はこんなの見てすごしてました。
あとこんなコラム。
働いてはいけないIT企業
言いたいことはわかるけどあれですね。
財務的に優秀ということがそこのエンジニアの幸せとイコールかというとそうでもないですよね多分。
ってか社員に優しくない優良企業ってのも沢山あるし。
僕はROAではなく利益率で会社が優良かどうか調べてみましたけど、もちろんそれも大いに参考にしましたけど、
最終的にはそれよりもっと別の基準を優先して決めました。
それは自分が成長できる企業かどうか、ってこと。
昨今のエンジニアは一生その企業にいるかどうかもわかんないと思うんですよ。今財務的に優秀でも5年10年続くかどうかなんて誰にもわからない。
例えば5,6年前にソニーと松下電器の現状を予想できた人なんてほとんどいないはずです。

しかももし傾いたら真っ先に削られるのは現場の人間です。
さっき例を挙げた松下電器だって、今は日本の総合電機の中ではトップクラス(ROAは低そうですけど)ですが、業績回復のためにリストラしてます。

だったらもし会社が傾いても次の就職先がすぐ見つかるようになっとこうよ、っていうのがエンジニア的にはいいのかなー、と思うわけです。

もちろん大企業ってのはでかくなりすぎて無駄な部分も抱えすぎて、利益が出にくかったりするものですから給料とか、その辺は劣ったりもするかもしれないのですけど。

あ、あと会社を選んだ理由はもちろん他にもあります。人がよかったりとか、福祉とか、仕事内容とか。
でも、よくよく考えると、何で優良企業に勤めるのがいいことなのかわかんなくなってきました。
安定して利益が出せて安心だから?
これ宿題にしときます。
[PR]

by yusatoku | 2006-09-15 01:57 | 日記


<< 台風がでんじゃらす      自己紹介って苦手 >>