VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ

2014年 09月 03日 ( 1 )


2014年 09月 03日

本のこととか

最近ちょっと読書欲が戻ってきて、何冊か本を読んだんですけど、ちゃんとした感想は残せてないです。人に見せるようにブログに書くとかじゃなくても自分用に読書メモとして残しておくだけでも読んだ内容を覚えておきやすいし後から感想見直したときに参考になったりといいことが多いのはわかるんですけどね。
本を読んでる途中は色々思うところがあって感想文書く気満々なのにいざ読み終わってみるとなんとなくさめてる、ってパターンが何度かあったりです。
と、いうわけで最近読んだ本を一言レビュー。

日本海軍400時間の証言: 軍令部・参謀たちが語った敗戦 (新潮文庫)

NHKスペシャル取材班/新潮社

undefined


日本海軍の中枢にいたメンバーたちが昭和末期~平成にかけて何度も集まり行った「海軍反省会」の内容を紹介しつつ、そこから明らかになったことを調査したドキュメンタリー番組の書籍化。もう元の「海軍反省会」なるものが凄すぎて、こんなん取り上げた番組が面白くないわけがないじゃん、というのが最初の感想。
膨大な反省会の内容から「太平洋戦争開戦」「特攻」「東京裁判」の3つを取り上げてるのにもなんで?という気もあったんですけど読み進めていくうちに納得。この3つから日本海軍の今まで表に出てこなかった問題が浮かび上がってきます。
海軍を一方的に非難するのではなく、現代に生きる自分たちにも通じる教訓を伝える、というのが番組コンセプトのようだけどそれが十分な説得力をもって伝わったかはよくわかりません。その目的なら「敗戦の本質」の方が自分の心には刺さったかな、とも思います。
なんかあんまし褒めてない気もしますが面白いのは間違いないのでこの時代に興味のある方はぜひ。


いなくなれ、群青 (新潮文庫)

河野 裕/新潮社

undefined

キャラがよかったり、プロットが魅力的ってのもあるけどそれ以前にこの人の書く世界観が好きだなぁ、と改めて実感。読んでる途中に「これぜったい1冊じゃ伏線回収しきらないだろ」って思ってたらちゃんと1冊でまとまってて、おおすげぇって思ったら帯に「シリーズ第二作、2015年春刊行」とか書いてあった。え。やっぱ続くんだ。




[PR]

by yusatoku | 2014-09-03 20:30 | 日記