VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:就職活動( 13 )


2010年 01月 16日

特に意味はない、よな

今年もそろそろ、採用活動の時期が近づいております。
自分の業界はもうそろそろ始まるか、くらいですが他の業界だともうとっくに始まっちゃったりしてるんでしょう。
今年の就活は去年同様厳しいものになりそうですが、多くの人がいい就職先を見つけられたらいいなぁ、と割と本気で思ってます。
できれば新卒に限らず、中途ももっと採ってくといいと思ったりするのですがそれは別の話。

就職活動中の学生にとっての定番サイト、「みんなの就職活動日記」が新卒就職人気企業ランキングを公開しています。
まあ、なんというか、毎年のように、ただの”人気ランキング”ですね。
「業績が良さそう」で「華やか」で「皆が知って」て「給料が良さそう」な。
もちろんこのランキング内にもいい企業は多い、というか基本的にはどれもいい企業ではあるんでしょうけど、羅アンケートに答えた学生たちが本気でみんな上記の企業に入りたいと思ってるんなら、「まあ落ち着いて」とかアドバイスしたくなります。
今の人気や業績にこだわらず、それぞれの学生がちゃんと判断できればいいんですけどねー。

と、言っても上のランキング結果に僕はそんなにがっかりしてたりはしません。
だってみん就って文系理系、ジャンルを問わず多くの学生が登録してるところですから。
そんなとこでランキングとったらそりゃあ上位は目立つ企業がとりますよ。

学生だってばかじゃない。見栄えのする企業以外でも、業績とか、姿勢とかを見て判断してる部分もたくさんあるはずなんです。
「実は自分はここの企業がいいと思ってんだぜ。みんなは気づいてないけど」的な企業を学生さんに聞いてみて、それをランキングにしたりしたら面白いんじゃないかな、とか思います。

だそく
[PR]

by yusatoku | 2010-01-16 16:01 | 就職活動
2006年 05月 09日

みん就を見ない就職活動

さきほど電話をいただきまして、無事内々定と相成りました。
おかげさまで就活終了です。

内定先は関東地方の某企業。
これで来年は首都圏暮らしです。

一応第一希望だったので嬉しいんですが実感がわかないので今ひとつ。
内定式は秋らしいし、それまで微妙な気持ちなのかもなー。

これまで応援していただいた皆さん。ありがとうございました。
関東にお越しの際はぜひ声をおかけ下さい。
[PR]

by yusatoku | 2006-05-09 21:57 | 就職活動
2006年 04月 27日

一段落

一応、第1志望の会社選考の採用プロセスを全部こなしました。
あとは結果を待つのみ。大体1週間くらいかかるそうなのでよくて連休中に結果がわかるのかな。おそらく連休明けでしょうけど。

何度も何度も面接で同じこと聞かれて、同じ話なのに話すたびに微妙に言うこと変えてたらしまいにはなんか自分でわけわかんなくなってきました。
志望動機とか、自分の長所短所とか、研究内容とか。
こういったものは、あれだね。あんまし口に出して言うものじゃないのかもしれませんね。言えば言うだけ嘘っぽくなる気が。

まあとりあえずこれで一旦就活は中断。
願わくば再開することのありませんよーに。
[PR]

by yusatoku | 2006-04-27 00:05 | 就職活動
2006年 04月 17日

とんとん拍子

なんか今週もう一回上京して面談を受けてくることになりました。
このままうまくいけばあと2回で決まるはず。

さっさ決めたいと思いながら、心のすみではこのままこの企業できめちゃっていいのかー、なんて思ったり。
これってマリッジブルーってやつですかね。まだ決まってもないのに。
[PR]

by yusatoku | 2006-04-17 22:27 | 就職活動
2006年 03月 06日

意味不明にトラックバック

初投稿

そして関係ないことを書く。

自己分析バージョン1。

まずは自分の過去を振り返ってみて、何に重きを置いたか、何を楽しいかを考えてみました。
で、一つ考えた結論。

自分が「楽しい」のは知識の収集それ自体。

これ、要は勉強だけをしていたいとかいう無茶な要求なんですね。学生時代はそれでいいかもしれないけれど、さすがにそれをそのまま仕事にするのは無理。
で、仕事に生かす、自分以外のためになる道を考えたりするわけです。ぱっと思いつくのは
1.知識を生かしてものづくりに関与
2.知識を与える側にまわる
あたりかな。。
問題は、1,2どちらもそれなりに興味を持ってて、どちらにもあまり自信を持てない、ということ。
要は、ここから先をうまくこなすにはとある能力が必要になるんですね。少なくとも自分の中では。
まあ、このあたりはまた今度。
[PR]

by yusatoku | 2006-03-06 23:20 | 就職活動
2006年 02月 25日

またもやベンチャー

今度は複数のベンチャー企業による説明会に行ってきました。
最近ベンチャーに縁があるなー、自分。
まあどの企業もわざわざ新人とろうというくらいなので結構商売は軌道に乗ってる感じで、面白いと思える企業もちらほら。
面白そうではあるのですが、はたして就職先としてベンチャーは適切なのでしょうか。少しメリットデメリットを考えてまとめてみました。

ちょっと長いので隔離
[PR]

by yusatoku | 2006-02-25 03:39 | 就職活動
2006年 02月 09日

すっかり変貌

なんか更新復活してからこっち、就活日誌になってしまった感もありますが、それくらい生活に就活が進入してきたと思ってください。
そんな感じで昨日の話。

昨日はなんとか熱も収まって北九州のとあるベンチャー企業の説明会。その企業は規模は小さいながらもすごい勢いで成長を遂げている優良企業。その成功の要因はなんだったんだろうねー、とか考えながら説明会に出たんです。

人事の話(相当上手、技術わかってる人事って強いやね)や技術者の社員の話を聞いてとりあえず感じたのは「ベンチャー系の会社はクセが強そう」ってこと。
当たり前ですね。だって少数精鋭で盛り上げてきた会社なんですから。そら求められる能力の質が大企業のそれとは違いますよ(基本は一緒だったりするんですが)。
それともうひとつ。これから自分がするのは「就職」じゃなくて「就社」なんだってこと。
つまり単に「何をしてお金を貰うか」を選ぶのではなく「どの会社の利益のために働くか」になる、ってこと。
この言い方は極端だし、正しいとは思わないけとにかくそんな風に感じました。で、「自分甘かったなー」と思ったり。

ってか今日になって気づいたんですが、こうして会社説明行って、各会社に渡りをつけてもどれか一つに自分が行きたいと思わないとそこから先って動かないんですよね、当たり前ですが。
もうすぐ選択しないとなー・・・
[PR]

by yusatoku | 2006-02-09 21:16 | 就職活動
2006年 02月 06日

任天堂とか関係なく

今回は今日チェックした企業の経営状態、何を参考にしたのかを書いておこうかと思います。基本的には先日行ったセミナーで聞いたことなんですが知らない人もたくさんいるでしょうし、ってことで。

で、今日の僕の行動なんですがまずは企業のHPから投資家情報のページに行きます。で、会計報告の
・売上高
・営業利益

をチェック。また、会社概要のページに行って社員数もチェックしておきましょう。
売上高とは商品を売って得た金額ですね(詳しくはこちら)。
営業利益はそこから原価やら材料費やらを引いた額です。要は儲け(詳しくはこちら)。
利益率はこれら二つの数値から
売上高/営業利益
の計算をして求めます。

ちなみにチェックすべきは営業利益と利益率、らしい。なぜならいくら売っても儲けがないと意味がないし、利益率が高いと売り上げをそのまま儲けにできる、効率よくお金を稼いでいるという見方ができるからです。
利益率5%も超えていれば「いい企業」と考えて問題ないらしいです。

で、最後に営業利益を社員数で割って「社員一人がどのくらい利益を生んでいるか」を見てみましょう。すごい企業だと一人当たり何千万円もの利益をもたらしていてちょっと呆然としちゃいます。

これくらいの調べだったらものの5分で終わるし、気になる方はやってみてはいかがでしょう。意外な企業が経営的に優秀だったりで、中々はまっちゃいます。
でも、この数字をどこまで就活に結び付けるかは別の問題。利益率が高いってことは技術のブラックボックス化が上手にできてるのかなとも思いますが、数字を過信しても仕方ないし・・・、と色々考えているうちに日が暮れました。
結論がでないまま就活が動き出してる感じです。あとは走りながら考えます。
[PR]

by yusatoku | 2006-02-06 22:22 | 就職活動
2006年 02月 01日

セミナーに行ってみたよ

と、いうわけで就活の話。

先週末にとあるセミナーに行ってきました。
で、面白そうな話を聞いてきました。

企業のどんなとこに目をつけて就活をすべきか、何を基準に企業を選ぶべきか、みたいな感じの内容だったんですが色々考えさせられました。

例えば企業の評価基準として、売上高や経常利益ではなく営業利益を見なさい、っていうのがあったんですがこれは個人的にちょっと残りました。
と、いってもそのこと自体がではなく、「利益が出てるかどうか」を企業の選択基準として考慮していることが意外、っていうか自分の中にあんましなかったことなんですが。

だって今赤字でもこの先どうなるかなんて本当予測しづらいじゃないですか。SONYとか今は赤字でピンチ(これは営業利益ではないのかな?)だけど5,6年前は無敵って印象だったし(少なくとも一般人から見たら)。
業績はちょっとしたことで上下する。だから業績より技術力持ってるところがいいかな、なんて考えてたんですよね。
でも、これ言われて考えてみたんです。商売上手なのも重要なのかなー、って。少なくとも松下やキャノンに迷走してるって印象はないし、儲けてるところはやることしっかりしてるのかなー、とか。
まあ、別に同じ企業に一生勤めると決まってもいないのでこの点を深く考える必要もないのかもしれませんがね。

そのセミナーにも企業の人とかきてて、直接話を聞いたりしました。
村田製作所の人がムラタセイサク君を見せてくれたりしました。走りはしなかったけどその場でバランスとってました。すげー。
村田製作所は今の研究とは全然内容が違うんですが、話聞いてると楽しそうな予感。
業界を今の研究にあったところ、と決めてしまう必要もないのかなー、と今更ながらに揺れたりしました。

どうしたもんですかね、業種。
この辺も時間があったらまたまとめてみたいなー、と思いつつ、今日はこの辺で。
[PR]

by yusatoku | 2006-02-01 21:59 | 就職活動
2005年 11月 29日

インターン そのに

で、インターンに行ったわけですよ。荷物抱えて関東地方まで。

生活の感想とかはさておいて、会社の印象なんですが。
まずはなんといっても丁寧。
課題の決定から、途中経過や、最後の発表までかなりきちんと面倒見てもらいました。
2,3日に一回はミーティングやってもらいましたし。
プログラムみたいなの書いたらその記述に意見貰ったし(そんなことしてもらったの生まれて初めてです)。
本読んでわからないとこあったら一緒にそれ読んで説明してもらったりとか。
そんなことを正規の仕事の合間にやってもらったわけですから、頭あがらなかったです。

でも、特にそこの会社の人たちはそれを特別だと思ってないみたいで、それで感じたのは

おそらく、その会社は人を育てるのが上手

ってことです。
実際僕の行った部署は若い人が多かったのでそういうことにも慣れてるのかもしれません。ちゃんと新人一人一人にメンターがついて育成環境はばっちり!みたいです。
でもそれって多分、その会社がわりと大きいところだからできてるんじゃないかなー、とも思うんです。
他の大手企業はどうかわかんないですけど、少なくとも余裕があるからこそちゃんと新人教育ができてるのではないか、と。
余裕がなかったらもっと実地でやってくんじゃないかなー。自分で学べ!!ってな具合に。
どっちがいいとも言い切れないですけど、少なくとも育成が丁寧そう、という点にでっかい企業のメリットはあるのかな、とも考えました。
もちろん会社ごとに差はあるのでしょうが。
[PR]

by yusatoku | 2005-11-29 11:56 | 就職活動