カテゴリ:コラム( 7 )


2012年 02月 18日

機関車トーマスに見る日米の危機管理意識の差、あるいは「そんなのどうでもいいからこの歌を聞け」

朝っぱらからこんな動画みてました。

機関車トーマス:じこはおこるさ
【ニコニコ動画】【クラッシュ】きかんしゃトーマス「じこはおこるさ」【連発】

色々とすごいです。この歌。

まずサビで「事故は起こるものさ」と連呼するこのセンス。
しかもバックでは延々と機関車たちの事故映像。結構ホンキで痛々しいですよ。
明るい曲調、深刻な事故。しかも連発。いや、怖いです。
何よりヤバイのはこの歌、このPVが公式のものであること。
何考えてんですかスタッフ。顔のある、喋る機関車たちの番組でこんなもの作って見せるなんて。
こんなもの子供に見せられたら、最悪トラウマですよ。

とか、ひとしきり考えながら(爆笑がほとんどですが)見てると、YouTubeでこんなコメントを見つけました。


戦艦のダメージコントロールとか、OSのセキュリティーパッチな-んかも米英人的な発想ですね。
日本では言霊信仰とというか、ケガ-レの意識というか、事故なんて考えてはイカン、縁起でもないみた-いな発想がまだ根強いようです。
だから、100%安全というあり-得ない建前になってて、事故は皆「想定外」なので起きたらお手上げ。


確かに。
事故は起こるもの。
予防に努めるだけ手はなく、起こった後のこともちゃんと考えておかないといけませんよ。と。
だとすると「こんな歌放送するなよw」とか反応してしまうのも極めて日本人的なのかもしれません。
むしろ子供のうちからこういう歌を聞かせておくことで、ちゃんと「想定外」に対して備える心構えを作っておく。
そうした教育が向こうではメジャーなのかもしれません。

そして、そんな視点でこの歌の歌詞、特に元の英語版を聞いてみて比較するとまた違った印象が得られます。
【ニコニコ動画】きかんしゃトーマス~じこはおこるさ(英語ver.)
英語詞:
Accidents happen now and again sometimes just by chance You gotta pick yourself up and dust yourself down Put it down to experience
(適当直訳: 事故は時おり偶然起きる そんな時は立ち上がってほこりを払い 自らの経験としよう)
日本語詞:
事故はほら起きるよ 突然さ 運がないときは しょうがない なんとかしよう

歌詞の訳なので、音韻とか文字数とかの都合があるにせよ
Put it down to experienceと事故から学ぶことを言っている英語史に対して「なんとかしよう」の日本語詞、というのはひどく対照的です。
そもそも事故後のことを語ってないわけですから。

別の箇所でも
英語詞
The warning signs are there for us to see most of the time
But sometimes we take care chances ignore the danger signs
Fate can surprise you with no reason or rhyme
Make sure you learn your lesson
You'll know better next time
(警告の標識は大抵そこにあるのに 時々危険な標識を見逃す 運命は理由も前ふりもなくあなたを驚かせる ちゃんとそこから学べば 次は大丈夫)

日本語詞:
標識はいくつもあるのにさ 大事なものばかり見落とすね そんな時必ずやってくる 二度とやらなければいいけど

とかなってて、事故後についての語り方が全然違います。事故前にちゃんと備えよう、というのはどちらもちゃんと書いているのにね。
同じ歌詞の訳でもこれだけ違いがあるのですから、他については何をかいわんや、です。

とかいうことを考えてくと「こんな歌放送するなよw」とか反応してしまうのも極めて日本人的なのかもしれません。
むしろ子供のうちからこういう歌を聞かせておくことで、ちゃんと「想定外」に対して備える心構えを作っておく。
そうした教育が向こうではメジャーなのかもしれませんね。
どっちが絶対的に正しいとかはないんでしょうけど、自分たちももう少し「もし」な事態が起こってしまった後のことについても考えておくようにしたほうがいいかな、とかそんなことを思いました。
[PR]

by yusatoku | 2012-02-18 11:29 | コラム
2010年 02月 21日

バイアスはかかります

共同体工学のすすめ - レジデント初期資料
よりの引用。


どうして人は行動するのか

* 「人を動かす方法」は、アンケートでは調査できない
* 同じ品質、同じ量のアイスクリームを、「四角」と「丸」、別の容器に入れて、価格を揃えて販売すると、「丸」い容器のほうが圧倒的に売れる。それがマーガリンなら、白いものよりも、黄色く着色したほうが売れる
* ユーザーに「どんなアイスクリームが食べたいですか ?」なんてアンケートを行ったところで、「丸い容器がいい」なんて回答は得られない。誰もが自分は「自分は頭がいい」と思っているから、アンケートには「品質がいいもの」だとか、「環境に優しいもの」だとか、考えているようでいて、自分の購買を促した何かとは全く異なった答えを返す
* 丸いアイスクリームを購入した人に種明かしをして、「どちらも同じだったんですよ」なんて指摘したあとでさえ、たいていの人は気取ろうとする。素直な人なら、「こっちのほうがおいしそうに見えたから」なんて感想を述べるだろうけれど、「頭がよく見られたい」ほとんどの人は、「丸い容器のほうが丈夫」だとか、「丸い容器のほうが環境により優しい」だとか、種明かしをされるほんの一瞬前まで、想像もしていなかったような「事実」を、その場で創作してみせる


後半については似た話を聞いたことあります。
たとえばある人に、一瞬だけ男の人の顔(Aさんとします)のイラストを見せます。
イラストを見せるのは本当に一瞬なので、見せられた人は何を見たのか、自覚はできません。
で、そのあと、その人にAさんと、もう一人別のBさんの顔のイラストを二つ見せてどちらの方が好き?と聞くとAさんと答える人の割合が通常よりも大きくなるそうです。
これはサブリミナル効果として、割とよく知られてます。映画の最中にコーラの画像を一瞬だけ映すとコーラの売り上げがあがる、とか。

でも、その実験には続きがあって、その人に「なんでAさんを選んだの?」と聞くと、「ハンサムだから」とか「やさしそう」とか、そんなもっともらしい理由を言うそうなんです。
実際は事前に画像を見てたからなのに。

人間って、自分で思った以上にさまざまな情報を脳に取り入れてて、総合的に判断してるのに、それを自覚してないんですよね。自分が『納得できる』シンプルな理由を見つけて、そう信じ込む。

多分引用した、アイスのカップの形とかも、何か別な要素を元に判断してるんでしょうけど、それは自覚できないんですよね。もっともらしい理由はつくけど、そんなもの信じちゃいけない。

こうした例のような事例、見つけるのは大変かもしれないですけど、世間で知られてない嗜好を発見できれば、商売とかには非常に有利に働くんでしょうねー。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-21 21:03 | コラム
2010年 02月 03日

いまどきの若者、多様化中?

今、テレビを見ながらこの文章を書いてるんですが、ニュースで
「若者たちの選択 広がる日本離れ」
っていう特集をやってます。
どうやら、若者が最初の就職先として、中国などの海外企業を選ぶことが増えてるんだそうで。給料は日本より少ないけど、経済成長著しい国で働けるし、国内は就職難だしで、メリットはあるそうです。

日本離れ、っていうと否定的なニュアンスを感じますけど、これっていいことじゃないんでしょうか。
どうせ国内では求人どんどん減ってるんだし、海外の企業で得るものも多いだろうし。
彼らが最終的に日本に帰ってくれば、その経験を生かしていい仕事ができるんじゃね?とか思います。
まあ、帰ってこない人も大勢いるでしょうがそれはそれでいいような気がします。

ってか、別の場所で「若者の海外旅行離れ」とか「パラダイス鎖国」とかいろいろ言ってた気がするんですけど。いったい若者は海外に行けばいいのか日本にいればいいのか、実際は海外に行く若者は増えているのか減っているのか。

ゆとり世代を通り越してさとり世代とか言われてみたり、いわゆる「最近の若者は」論はさまざまありますが、どうにも説得力ないというか、意義をあまり感じないです。

実際のところ、むしろ昔よりも「いい」若者が増えてる、と僕は思ってるんですけど。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-03 23:42 | コラム
2009年 11月 13日

高等教育への投資は確保しといてほしい

民主党政権無双、とでもいいますか。
政府肝いりの事業仕分け、どんどん事業が削減されてます。
今日の検討では検討項目の一つとして、産官学連携で行われているスパコン事業が挙げられ、大幅に予算が削減されました。
asahi.com(朝日新聞社):次世代スパコン「予算削減」 事業仕分け3日目 - 政治

うーん。自分の専門分野にかなり近いところのため、正直ショックがでかいです。
元々民主党政権は、科学や産業に関する部門にはやさしくない印象だったのですが、予想以上にズバっとやってくれました。

個人的には、「世界一のスパコン」という肩書きを得るために大金を投じる意義について懐疑的だったので、予算の削減自体はある程度支持できます。
「国民の目線で言うと世界一にこだわる必要があるのか」という台詞はおかしいけど、正直単体のコンピュータで超高性能を得るよりはは、安価でエコな中規模スパコンを作れるようにした方が割に合うと思うんですよね。

でも、心配なのは「民主党はどこまでわかって予算削減を決定したのか」ということ。
スパコン"が"いらない、ならまだいいんです。
あと、自民党的なバラマキ科学技術政策を見直すべき、とかでも。
でも

これ以上の科学技術(への投資)は必要ない

というのだと非常にまずい、と思います。
実際、そう見える気配は大いにあるんです。
蓮舫議員が
「納税者がトップレベル研究者にお金を払った分、納税者個人にもリターンを貰えないと納得できません」
と、いう発言をしたそうです。
これは、科学への投資姿勢として間違っていると思います。
科学への投資効果はない、というわけではありません。
成果は大きいものですが、非常に見えにくいのです。
成果が得られる時期だってわかりません。納税者自身ではなく、その子供の世代に実になる、というのも普通にありえることです。
そんなものを事前に正確に予測するなんて無理です。そもそも失敗の可能性だってあるものなんですから。

あと、タイトルにも書いたようにこの流れが大学への予算の削減に繋がっていきそうにも感じられます。公立高校の授業料無料とかやるお金があるんだったら、高等教育の充実を図ってほしいとわりと本気で思います。

鳩山首相は東工大卒の理系出身だそうですが、どれだけ日本の技術力を大切にしようとしているのか、かなり心配してしまった日でした。
[PR]

by yusatoku | 2009-11-13 23:32 | コラム
2009年 10月 25日

やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ

って、山本五十六の言葉なんですけど、すぐ正確な台詞を忘れちゃうんですよね。なのでメモ。
もしかしてここに昔書いたことあるかもしれないけど、それでもメモ。
書いたかどうかを忘れちゃうんなら何のためのメモだ、って話ですけど。

そういえば前書いた「ハーバードビジネススクール」、ちょっと前に読み終わりました。
ベンチャーを起こそうとしたけど誰も投資してくれなかったとか、就職活動したけどどこからも内定をもらえないとかの失敗話が後半では印象的。
世界のHBS生でも就活に苦労するのか、って思いそうですけどこれは彼らの要求水準が高すぎるんですよね。投資銀行とかの高額報酬が保証されているところばかりを受けてしまう。
HBSでの学費とか、2年学生をやってお金を稼いでいなかったりするので、その辺を取り戻そうとするのは当然っちゃ当然なんでしょうが。

でも、せっかく「経営」大学院を出たのに金融関係につく人ばっかりというのはあんまり愉快なことではないなー、と思うのです。
そもそも何で金融工学とか財務のことがこんなにたくさん学ぶんでしょう。経営をする上で財務的な視点がないとやってられないのはわかってるつもりなんですけどそれでも多い気がします。
ケーススタディでも基本的には財務データを下に企業分析をして、その会社の強みとか弱みとか、今後の方針とかを話しあってるんですけど、それだけでいいのか?とも思います。
じゃあ何が足りないんだよ、といわれると具体的には指摘しづらいのですが。

例えば人間関係のコントロールとか、組織論とか。
まあ、すでにこの辺の授業もあるんでしょうけど、もっと重点を変えてもいいんじゃね?という程度です。
「経営」と「財務」をもっと分離できるはずだし、するメリットはあると思うんですけど。
[PR]

by yusatoku | 2009-10-25 20:15 | コラム
2006年 10月 15日

年功序列とかの話

先輩とか、後輩とかと話してると自分は
年上には失礼のないようにね!
と、いうのを意識しすぎなような気がします。
年上には気を使って話してる気がするし、年下にはある程度の礼儀は持っておいて欲しいし。
そのある程度、の線引きが難しいところですが、ホント最低限を守ってない人を見るとアチャーって思ってたりします。
何ででしょうね。中学の頃運動部に入ってたせいでしょうか。
こういう考え方で損してる部分は多いような気もするんですが。
どうも年上に対する距離感を掴みづらかったり。
でも気持ちの問題なので中々修正もしにくいんですよね。

こういうのって日本人的なんでしょうかねー。
と、ここまで書いて大学で年上の同級生にタメ口聞いてあまつさえ説教してる自分がこんなこと言っても説得力ないことに気づいた。

あと、さっきも書いたけど最低限の礼儀人によって違いますよね。その辺どうなんでしょ。
ちょっと周りに聞いて確認してみたいなー。
[PR]

by yusatoku | 2006-10-15 23:45 | コラム
2006年 09月 26日

単なるメモに近いもの

どうも日本の法律では、著作権は権利者の死後50年まで保護される模様。
映画とかはまた少し細かい話もあるんだろうけど、少なくとも小説は50年なんでしょう。
つまり、夏目漱石なんかは1916年没らしいのでその著作権は喪失している、ってことなんでしょうね。
50年を70年にしよう、という動きもあるみたいですが、
もしそうなったとしてもその法律施行時点で存在しているもののみが対象となるでしょうし(でないと法の遡及適用・・・ダヨネ?)、夏目漱石の作品の著作権は保護されない、と。

うん。確認完了。

何が言いたいの!?というかたはどうぞ
[PR]

by yusatoku | 2006-09-26 17:04 | コラム