<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

書籍も無料になる時代

今年は電子出版の年だ!とか言ってますが、そんな流れを進めたい人にとっては面白い、素敵なニュースが飛び込んできました。
なんと、生命保険のカラクリ、という新書が無料でDL可能になりました。期間限定ですけど。
ちなみに著者のブログでの報告はコチラ
『生命保険のカラクリ』はその名の通り、生命保険のしくみについて、詳しく解説した本です。
生命保険は、日本では大人はほとんど加入していて、しかも商品は高額、結果市場は膨大だというのに、ほとんど実態は知られていません。
そんな生命保険業界の儲けや運営の仕組みを、丁寧に説明しています。
著者はハーバードMBAを卒業後、生命保険のベンチャー企業のライフネット生命の岩瀬 大輔氏。
以前ここでもはバード留学中についての書籍を紹介した覚えがあります。
僕は以前から知ってる人で・・・こうして本の無料配布というとんでもないことをやってくれるのはうれしい・・・んだけど素直に喜べないワタクシ。

だってさー。この本、僕、先週買っちゃったんだよねー。
まだ読み終わってもないのに。こんなことなっちゃって。
まったく間が悪い。

それにしても、書籍の無料配布とは、思い切ったことをやってます。
最近では『FREE』という本が発売前に一時期無料DLできましたけど、国内では初めてだと思います。
すごいことが起こり始めてる気がします。
広告での収入に期待ができない書籍の分野でこんなことが起こるなんて。
今回のこれは収益は無視してるのかもしれないけど、それでもずいぶん大胆です。

最近、無料で手に入れられるものが増えてる気がします。
テレビは以前から無料で見れたし(NHK以外)、webでのものは無料という意識は広く浸透してしまっていますが、最近はこうして従来はお金を取らないとやっていけなかったものも無料になることがあって、『ホント?』と思うようなことが。
これは東京限定なんですが、古着を無料で売っている店があるとのこと。(@nifty:デイリーポータルZ:0円ショップってなんだ?

服が無料とか、もう本気で何がどうなっているのかわかりません。
そんなんで暮らしていけるの?と思いますが、それについてはとっても素敵な発言がありました。


「ひと月に、千人分くらいの洋服を救えて、千人が喜んでるのに、俺が食えないわけがない、って思ったんですよね。こんなに楽しいことやってるのに。
千人喜ばせて生きていけないなら、この国はダメだなーと思って。
でも家賃は払わないとどうにもならないな、と思いはじめて、今はチップ制にしてるんですけどね」


うーん、この考え方。千人を喜ばせて生きていけないなら、この国はダメだとか。
いや確かに。

さて、この無料の流れ、どうなるんでしょう。
個人的には、いいことしたらその対価はもらえて当然、というかもらえるようになっていないとおかしい、と思っているので何でも無料化、というのには懐疑的です。が、こうして起こっていることはきちんと認識して、これからのことを考えたいと思います。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-28 15:17 | 日記
2010年 02月 24日

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ!

現在、プロフィールのとこに書いてあるせりふについて。

何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ!

元ネタは少年ジャンプで連載して、そして打ち切られた漫画の中の台詞です。
僕はその漫画は読んでなかったんですが、この台詞は漫画以上に流行っちゃったみたいで、何度か見ているうちに妙に気に入ってしまったので使ってみました。

たまに、人の悪口とか文句ばっかり言ってばっかな人とか、自分にしてもそういうことを言いたくなったりしますけど、ポジティブな、好きなもののことについて語ったり、周りを褒めたりしたいものです。


どうも最近、『ポジティブにいこう』ということを多く考えてしまっているようです。
こういう台詞を無意識のうちにでも選んでる、ってことは何かネガティブな意識にでもとらわれてるんでしょうかね、自分。

もともと楽天的な思考をしてるつもりなんですけど。

もっとも、その楽天的な考えを支えているのも
「嫌なことがあっても寝ておきたら忘れてる」
と、いうトリ頭なおかげだったり。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-24 21:28 | ひと言
2010年 02月 22日

新競技

冬季オリンピックに、このたび新競技が生まれたそうです。

その名も!


b0006374_22551345.jpg

ワカサギ釣り!!





いや、もちろんネタですけど。
「もちろん」とか言ってますが、この画像みて自分は一瞬だまされました。
この競技なら、日本がメダルをとれると思うんだ・・・。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-22 22:56 | ネタ
2010年 02月 21日

竹中さんがすごすぎてすごすぎて

セミナー行ってきました。 ファイナンシャルアカデミーお金の教養フェスティバル2010 という、なにやら怪しげな(失礼)名前のセミナーですが、特にお金もうけ的な雰囲気は少なく、大学の講堂を一日使って、何人もの講演者がそれぞれの視点から今の世の中についてや、その中でどう生きていくかを講演する、というものです。

参加費は無料で、その時点ですごいんですが講演者があの「竹中 平蔵」や「本田 直之」(レバレッジ・リーディングとか書いてる人)という豪華さ。
これは行かねば!ということで即登録して、今日行ってきたわけです。

フェスティバル事態は朝10時から夕方4時近くまであって、かなり長かったのですがそれぞれの講演者の話が面白くて、退屈もせず最後まで聞けました。ってか学ぶこと多いです。

それぞれの感想は後ろにちょこっと書いておきますが、今回一番すごかったのは竹中 平蔵さん。
この人の話を聞くのは2回目で、そのときも思ったんですが本当にこの人すごすぎです。
流れるように話が進み、本筋自体は非常に論理だってわかりやすく、目から鱗が落ちるような事実も告げ、その合間にジョークをはさむことも忘れない。
かなりの早口でメモをとるのが間に合わなかった部分もあるんですが、その分密度の濃い話が聞けた気がします。

この説得力、すごすぎです。
ちょっとでも見習いたいところ。

個別感想はこちら
[PR]

by yusatoku | 2010-02-21 22:41 | 日記
2010年 02月 21日

バイアスはかかります

共同体工学のすすめ - レジデント初期資料
よりの引用。


どうして人は行動するのか

* 「人を動かす方法」は、アンケートでは調査できない
* 同じ品質、同じ量のアイスクリームを、「四角」と「丸」、別の容器に入れて、価格を揃えて販売すると、「丸」い容器のほうが圧倒的に売れる。それがマーガリンなら、白いものよりも、黄色く着色したほうが売れる
* ユーザーに「どんなアイスクリームが食べたいですか ?」なんてアンケートを行ったところで、「丸い容器がいい」なんて回答は得られない。誰もが自分は「自分は頭がいい」と思っているから、アンケートには「品質がいいもの」だとか、「環境に優しいもの」だとか、考えているようでいて、自分の購買を促した何かとは全く異なった答えを返す
* 丸いアイスクリームを購入した人に種明かしをして、「どちらも同じだったんですよ」なんて指摘したあとでさえ、たいていの人は気取ろうとする。素直な人なら、「こっちのほうがおいしそうに見えたから」なんて感想を述べるだろうけれど、「頭がよく見られたい」ほとんどの人は、「丸い容器のほうが丈夫」だとか、「丸い容器のほうが環境により優しい」だとか、種明かしをされるほんの一瞬前まで、想像もしていなかったような「事実」を、その場で創作してみせる


後半については似た話を聞いたことあります。
たとえばある人に、一瞬だけ男の人の顔(Aさんとします)のイラストを見せます。
イラストを見せるのは本当に一瞬なので、見せられた人は何を見たのか、自覚はできません。
で、そのあと、その人にAさんと、もう一人別のBさんの顔のイラストを二つ見せてどちらの方が好き?と聞くとAさんと答える人の割合が通常よりも大きくなるそうです。
これはサブリミナル効果として、割とよく知られてます。映画の最中にコーラの画像を一瞬だけ映すとコーラの売り上げがあがる、とか。

でも、その実験には続きがあって、その人に「なんでAさんを選んだの?」と聞くと、「ハンサムだから」とか「やさしそう」とか、そんなもっともらしい理由を言うそうなんです。
実際は事前に画像を見てたからなのに。

人間って、自分で思った以上にさまざまな情報を脳に取り入れてて、総合的に判断してるのに、それを自覚してないんですよね。自分が『納得できる』シンプルな理由を見つけて、そう信じ込む。

多分引用した、アイスのカップの形とかも、何か別な要素を元に判断してるんでしょうけど、それは自覚できないんですよね。もっともらしい理由はつくけど、そんなもの信じちゃいけない。

こうした例のような事例、見つけるのは大変かもしれないですけど、世間で知られてない嗜好を発見できれば、商売とかには非常に有利に働くんでしょうねー。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-21 21:03 | コラム
2010年 02月 18日

寒いのが全部わるい

週の頭くらいからだんだん喉の調子が悪くなって、

昨日から鼻がむずむずしてきて、

今日は頭が痛い気がしてきました。
あくまで気がするだけですが。

体調悪い気がするのに、こんなときに限って週末の予定が満載。
寝込んでる場合じゃありません。
風邪じゃないといいんですが。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-18 22:51 | 日記
2010年 02月 16日

期待せずにどうぞ。

普段からひとつ、心がけてることがありまして。

それは
できるだけタブーを作らない
ってこと。
このジャンルは苦手だ、とかこれ嫌い、と決め付けてしまわずに出来るだけ試す。
好きな読書をするにしてもホラーとか恋愛小説とか、ビジネス書とかSFとか、できるだけ幅広く読もうとしてみたり、普段聞かない音楽を聴いてみようとしたり。
最近だとテレビを買って以降、一時期テレビドラマを見よう!というのもやってみました。続きませんでしたが。
人の楽しんでるものが自分にはわからないっていうのがいやなんでしょうかね。
もちろんあくまで原則なので、苦手なものは苦手だし、触れないジャンルもたくさんあります。でも気づいた範囲ではできるだけ多彩になろうとしてみてます。

そんなポリシーで行動してますが、普段それで得するようなことはありません。
うまくすれば多趣味で交際関係が広がって、という風になれるんでしょうけど、行動力のなさも手伝って特にそんなことはありません。
むしろどんどん器用貧乏になってる気さえ。

でも今日は、そんな自分をちょっと褒めようって気分です。

いやさ、


ジャックダニエル超うめー(リンクはwikipedia)。

ウィスキーずっと苦手だったけど、先週飲んでみたらあら不思議。とってもおいしく飲めるじゃないですか。
思った以上に飲んでしまいました。
ウィスキー飲めないって決めつけず、飲んでみてよかったよ。

今も目の前にグラスがあります。
これから一杯飲んで寝る予定。
平日に晩酌なんて自分にはめずらしいと思います。
明日起きれるかな。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-16 23:53 | 日記
2010年 02月 15日

せりふ解説

ちょっと前のことですが、横の柱に書いてた一言を変更しました。
前に書いてた言葉はこれ。

深淵を覗くとき、深淵もまたこちらを覗いているのだ

これ、何の言葉?とか聞かれたりもしたので簡単に元ネタ解説をしてみます。
この言葉は、ドイツの哲学者、フリードリヒ・ニーチェがその著書「善悪の彼岸」の中に残した一節です。

正式には
「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」
というもの。

自分解釈なので間違っているかもしれませんが、
ここでいう「怪物」というものは世に言う「悪」とされるもの。
「悪」をあまり執拗に見つめると悪に引きずり込まれてしまうよ、という意味です。

悪とは何なのか、どのような行い、どのような考えが「悪」で、そうでないものとの違いは何か、といったことを突き詰めて考えていくと、次第に考えている自分が悪に染まっていく、と。
怖いですね。

僕がその言葉を掲載してた意図としては、ポジティブシンキングしたいから、というのがあります。
つまり、あまり反省とかしすぎて自分のエゴとか間違っているところとかを見つめすぎてしまうと、その暗い考えに引っ張られてますます暗くなったりエゴが強調されてしまうんじゃないかな、とか思ったんですね。
「深淵」を覗くのはほどほどにして、もっと明るいものに目を向けていきたいものです。

参考サイトを貼り付けておきますので、もっと知りたい方はそっちも読んでみてください。

参考サイト
[PR]

by yusatoku | 2010-02-15 22:47 | ひと言
2010年 02月 14日

上から見るか、下から見るか

今日見つけた一言。

森永卓郎 「新版 年収300万円時代を生き抜く経済学 (知恵の森文庫) 」巻末に掲載されている玄田有史による「解説」から。

勝ち組はよく、人生に必要なのは夢だ、と語る。しかし、夢を持てと気楽に語る人の残酷さを、私は好きになれない。

ネタ元はこのブログ。

夢を持て、と言われるのが残酷だとまでは思いませんが、夢を持つのは簡単ではないと思います。
一瞬「夢を持つのが難しい時代なのかな」とも思ったけど、実は「夢を持つべき」という価値観が当たり前である時代のほうが歴史的には珍しいのではないでしょうか。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-14 22:23 | ひと言
2010年 02月 14日

チョコレートはあなたの体を蝕みます。

b0006374_14162942.jpg


何でも今年は14日が日曜日なため、チョコレートの売り上げが減少してるんだとか。
でもそんなの関係なくだめですからね!

やくそくだよっ!!



ネタ元。
[PR]

by yusatoku | 2010-02-14 14:17 | ネタ