VSLに魅せられて

yusato.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 23日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第3話感想

で、3話です。
ここまでを一気に見たのでまずはここまで。

まだまだ序盤戦なんでしょうけど、不吉な伏線がやたら目につくので気が抜けません。
とはいえ、2話に比べると感想少なめなのですが。


以下ネタバレなのでご注意。

ではでは
[PR]

by yusatoku | 2012-04-23 02:25 | レビュー
2012年 04月 23日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第2話感想

で、続けて2話です。
お話としてはまだまだ始まったばかりなんですけど、思ったより考察しがいがある気がします、この作品。


以下ネタバレ感想。

不用意に押しちゃだめよー。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-23 02:01 | レビュー
2012年 04月 23日

アニメ「戦姫絶唱シンフォギア」第1話感想

ちょっと前から気になってたアニメ、戦姫絶唱シンフォギアを見ているのでその感想をまとめておきます。
このアニメ、放送自体はちょっと前に終了しているのだけど、お金を払えばニコニコ動画で見ることができるのですよ。
なんでお金払ったのか、というかこの作品が気になったのか、というと、原作者の金子彰史氏の名前に惹かれたから。この人の作ったゲーム「ワイルドアームズ」が大好きなのですよ自分は。

とまあ、前置きはこのくらいにして以下感想。見ながら思いついたこととか、感想とかをまとめてメモっておきます。
当然のようにネタバレなのでそういうの気になる人は避けてくださいね。
まあ、今回は1話だけの感想なので、作品の雰囲気を知りたい人は見てみるのもありかもだけど。

ネタバレ注意!
[PR]

by yusatoku | 2012-04-23 01:29 | レビュー
2012年 04月 17日

ニュース番組はもっと大局的な話をして欲しいと思うのこと。

ふと、自分がなぜテレビのニュース番組をあまり好まないのか、その理由について思いつくことがあったのでメモっておきます。
それは、あまりにも個人の物語に寄り添い過ぎていること。
つまり「かわいそうな〇〇さん」の話から全体を組み立てているように見える、ということです。
例えば原発のニュースにしても原発近くに住んでいて今も自宅に帰れない方や、あるいは小さな子供がいる家庭のお母さんの事情を取り上げる、ドキュメンタリー風のニュースがあります。
こういった方たちを取り上げること自体はわかるんです。というか苦しんでいる人の事情を報道するのは大事だし必要なことです。
でも、あまりにも「こんなかわいそうな人達」を全面に押し出しすぎてて、その裏にある主張に反対することは悪である(この場合、反原発に賛成しないこと)という風に反論を封じている、と感じてしまうのです。この人達を助けるためには、何が何でも脱原発しかない!そのためには原発は絶対再稼働してはいけない!みたいな。しまいに極論がでてきても、最初の「かわいそうな個人」を盾にしてどんどんどんどん進んでく。

原発はあくまで例ですが、他にもちょっと前のTPPについての議論や、社会保障についての議論なんかについても同じような雰囲気を感じました。

日本のマスコミって、自分の主張が偏っているということを認めたくない、あるいは偏っていると見られたくないい、という制作姿勢なんじゃないでしょうか。なので、自分の主張は普遍的に正しいんですよー、ということを示すために、「苦しんでいる個人」をアピールする。
そうして主張によって伝えれると、メッセージは強く伝わるんですけど、自分的には「言いたいことはわかるんだけど…」という風に、なんかスッキリ受け取れないんです。
あまりにも主張が一面的、かつ独善的に見えちゃうんですよねー。
もっと複数の視点から話をしたほうが厚みのある報道になるし、視聴者のためにもなると思うんですけど。



と、以上は自分が妄想的に感じとっちゃたことを言葉にしてみたわけですが。
日本の報道番組の質が低い!かは知りませんが、自分好みでないことは確かなのでもっと自分が見たくなるニュースが増えるといいなー、とか思ってます。
[PR]

by yusatoku | 2012-04-17 23:24 | 日記
2012年 04月 13日

改善努力なうなう。

小学校のころ授業で作文を書くときに、とにかくなんとか格好のつくボリュームにしようと四苦八苦していたのをふと思い出しまし。

「原稿用紙三枚以上書きましょうね」と言われたら、まず一行、次にまた一行、なるべく文字数を稼いで...という具合に、まるでマラソンでもしているように頑張って文字を埋めてたのです。最終的にはなんとか言われただけの文字数にたどりついて、ついでに話も結論にたどりつくんですけど、やっぱり無理矢理引き伸ばした印象は否めず、満足いかない出来になることが多々。

いまだに読書量のわりには文章をかくのには苦手意識があるんですけど、小さい頃から変わってねーなー、と思い出して遠い目をしてしまいました
[PR]

by yusatoku | 2012-04-13 00:27 | 日記